おまとめで失敗しないためにデメリットも知っておく

キャッシングを続けているかたの中には、多重債務になってしまい、毎日を返済のことが頭から離れないというかたもおられます。
そういったときにおすすめなのが「おまとめローン」といった商品で、消費者金融や銀行カードローンなど多くの金融機関が扱っています。
おまとめは、複数社の借入れをひとつにまとめることで多くのメリットが有ります。
ただ、メリットが有る代わりにデメリットもあるのでおまとめを利用するときは、それらを知っておく必要があります。

「おまとめのメリット」
複数社の借入をひとつにまとめることで、
(複数日あった 毎月の返済日を1つにまとめることができる。)
複数社から借入をしている場合、それぞれに返済日がちがうため、毎日の生 活は返済日が気になり仕事が手につかないということがあります。
借入先をひとつにまとめることで、返済日が1日になり、そういったわずらわ しさから解放されます。
(ひとつにまとめることで金利を低く抑えることができる。)
複数社から借入をしている場合、上限金利で借入をしていると思いますが、 一本化することで借入れ金額を まとめることで利用金利を下げられる場合 があります。
(新しい返済計画を立てることで毎月の返済を少なくできる。)
一本化することで、新しい返済計画が立てられるようになり、毎月返済が無 理のない返済ができるようになる。
といったメリットがあります。

「まとめることで発生するデメリット」
おまとめはメリットだけでなくデメリットもあります。
まず、メリットとして「新しい返済計画を立てることで毎月の返済を少なくできる」ということは反対にデメリットになる場合があります。
これまで返済で苦しんだからこれからは、もう少し楽な返済を続けようということになりますが、毎月返済を少なくするということは返済期間が長くなり、金利を含めた総返済額がおまとめ前より多くなる場合があります。

ひとつにまとめることによって、これまで借りていたところは完済になります。完済すれば上客として扱われるようになるので、完済した会社から、「いままでより金利を安くします」とか「増額しませんか}」といった案内が届くことがあります。
ひとつにまとめたことで余裕ができたのを借金が減ったと勘違いしてしまい、再度借入をしてしまう可能性があります。

また、おまとめローンでまとめてしまうと、金利の引き直しができなくなり、過払い請求ができなくなるということもデメリットのひとつになります。
おまとめでまとめるか、任意整理で借金を減らすかを考えているときは、慎重に選ぶ必要があります。
おまとめローン審査のおすすめポイント|銀行ローンの選び方はこちら