髪が傷まない白髪染め方法

ドラッグストアにいくと、さまざまなメーカーから非常にたくさんの白髪染めが発売されているのがわかります。でも、これらには体に害がある成分が含まれており、白髪は染まっても髪が傷んでしまうことは珍しくありません。皮膚が弱いという人にも要注意で、生え際やおでこなどに薬剤が付いてしまうと肌荒れを起こしてしまうこともよくあります。
白髪染めは、トリートメントで髪が染まるタイプのものが髪が傷まないのでおすすめです。一般的な白髪染めのように一度で染まることはありませんが、トリートメント代わりに使っているだけで、少しずつ希望の色に変化していき髪も傷まないというメリットがあるのです。ありがちなツーンと鼻につく嫌なにおいもまったくありませんし、肌に良い成分を使っているものがほとんどなので、使用の際にはビニールの手袋などもする必要もありません。シャンプーする時のように素手にトリートメントを取ってごく普通に髪に塗布し、10~20分程度おきましょう。できればおいている間はビニールキャップなどを被ってさらに湯船に浸かっていると、頭部の温度が上がって染まりが良くなります。
髪が傷まない白髪染めトリートメントは、シャンプーすれば徐々に落ちてしまいますが、通常のトリートメントとして普通に毎日使えばよいことなので特に問題はないでしょう。それよりも、白髪染めで髪が傷まないというメリットの方が大きいといえるのではないでしょうか。白髪染めランキングなど参考に探したいですね。